気まぐれANA旅!マイルを使った特典航空券の旅行

ヒルトン・ハワイアンビレッジ周辺からワイキキ方面の情報まとめ!Vol.3

【最新】夏休みのハイシーズンに国際線特典航空券でハワイ家族旅行!ヒルトン・ハワイアンビレッジに宿泊してワイキキを満喫する方法をご紹介!



ヒルトン・ハワイアンビレッジには、毎年多くの日本人が訪れる大規模ホテルです。


我が家は、いわゆるタイムシェアのグランド・ワイキキアン(Grand Waikikian)を毎年利用しています。


理由は明確!


子供達が寝るときにベッドルームで勝手に寝てくれる

長期滞在の場合、部屋に洗濯乾燥機があると単純に荷物が減る

物価の高いハワイで、外食だけでなくキッチンで自炊ができる

ホテルと同様に毎日清掃してもらえる


など、長期滞在には欠かせないメリットが多いからです。

我が家は、大きなスーツケースの片方は大半が食材です(笑)

ハワイで毎食、外食をしていたら大変の事になってしまいますので、米やパスタ、うどん、蕎麦、レトルトカレーなどなど、持ち込んで、あとは、ホールフーズマーケットなどで安い現地食材を買えば、極端な話、全て自炊できます!


と、言うことで、今年も、こんなお部屋で2週間過ごします!




今年のお部屋は、ラナイが超広い!


チェックイン前に水とバドライトだけ大量に購入しておき、部屋のデカイ冷蔵庫に詰め込みます。

これから2週間でこの青い箱(バドライト24本いり)を何回買いに行くのか(笑)


余談ですが・・・

国内で飲む国産ビールのキレとコクとはかけ離れたコンセプトのバドライトが好きでして、常夏のハワイで水代わりに飲むビールはやはり!

シャバシャバ系のキレとコクの無いビールが最高!


やっぱりハワイなら「シャバビーーーー!(シャバシャバビールのこと)」


ですよね(同意して・・・笑)


そして、こちらも毎年定番の・・・


「シティーーーービューーーー!!!」


我が家は決して「オーシャンビューーーー!」なんて叫びません。

部屋から海を眺めることはありませんから・・・

海ならすぐに行けばよいのですから・・・

夜になったらシティービューの方が夜景は綺麗ですから・・・

夜のオーシャンビューは真っ暗ですから・・・(前向き・・・笑)


ほら!下を見てください。

夜景が綺麗でしょ!

気持ちの良い夜風に吹かれて、綺麗な夜景を見ながら、バドライトをプシュッっと!

最高です。




さて、折角ですので、ヒルトン・ハワイアンビレッジ周辺を少し歩いてみましょう~ 


左下の写真は、ヒルトン・ハワイアンビレッジを海から一番遠い道路側から撮ったものです。

正面の大きな建物がカリアタワーです。

海から一番離れていますが、敷地内を歩いてすぐビーチまで辿り着きます。

そして、その右に少し見えている建物が、グランド・ワイキキアンです。

ちょうど、我が家のお部屋のラナイが見えているという写真です。


おっと!右下の写真は虹が出ていますね!!!


【最新】ヒルトン・ハワイアンビレッジのすべてがわかる!子供連れの家族必見の情報です。



では、次に・・・

ヒルトン・ハワイアンビレッジらしい写真をご紹介しましょう!


左上はレインボータワー向きの写真!

そこからダイヤモンドヘッド方面を向くと右上の写真!

ちょっとカハナモクビーチの波打ち際に迫ると左下の写真!

さらに波打ち際を進んで海の中に入ると右下(笑)


さて、どこから写真を撮ったでしょうか?




はい!その通りです。


ギリガンズ・ビーチ・シャック(Gilligans Beach Shack)からの写真でした。

毎年、ビーチで遊んだら3時のおやつで食べるガーリックシュリンプですね。

後ほど、食レポしますね。




さて、ヒルトン・ハワイアンビレッジと言えばラグーンですよね。


ラグーンと言えば、冷たい!!!


午後になれば、プールはもちろん、海も暖かくなってきますが・・・

ラグーンだけは一日中冷た~い。。。

そのラグーンに朝一に飛び込む勇気はありますか?

私は、早朝のラグーンが大好きです。


早朝のラグーン&ダイヤモンドヘッドです!




綺麗でしょ!

よく見てもらうと分かるのですが・・・

ラグーンのお魚さんたちは、早朝は浅瀬で並んで止まっています。

これは、早朝しか見られません。



左上の写真をご覧下さい。

早朝は、こんなに透明度が高いんですよ。

さらに右上の写真の通り、一番深いところでも底が見えるくらいです。

そして!早朝の最も冷たいラグーンに入っていけば・・・

ちょうど右上の写真の島のところまで行くと左下のような写真が撮れます。

透明度が高く、お魚が沢山いて、右下くらい接近しても逃げられません。




これは、8時前くらいの写真ですが、ちょうど太陽がタワーの上からラグーンに日をさすくらいなので、水の中も明るくなります。

そして、なにしろ水が冷たいので、人が全くいません。

なので、透明度が高くこのような魚たちが見られるということです。

早起きしてプールの場所を取るだけではなく、一日で一番綺麗なラグーンを体験しましょう!

本当に冷たいのですが、お腹に力を入れて一度入ってしまえば、あとは大丈夫ですよ!

(冷えたらビーチで日光に当たって暖まりましょう)



お魚の話題になったので、もう少しだけ・・・

こちらの写真はどこだか分かりますか?

今度はラグーンではありませんよ。


【最新】子供連れでハワイ旅行!ヒルトン・ハワイアンビレッジでウミガメに会う方法。シュノーケリングスポットを紹介します。



レインボータワーのまん前の海、カハナモクビーチの少し沖にある浅瀬です。

ビーチから見ると少し白波が立っている付近です。

実は、ここまで泳いでいくと膝丈から腰あたりの深さの防波堤のような場所になっています。

そこの水面下はこんな感じで、熱帯魚たちが泳いでいます。

浅瀬ですが、ゴツゴツとした岩場で少しだけ波も来るので、子供には怖いかも知れませんが、その岩場の所々に砂地があるので、そこに立たせてあげると顔をつけて魚を見ることができます。

ここまでは、のんびり浮き輪でプカプカ行くことは簡単なのですが、波があるので小学生くらいですと怖いようです。

また、その先は危険ですし注意が必要です。

小学生の子供でも安心してお魚が見られる方法は、また、別の記事で紹介しますので、この情報はあくまで情報という程度で。。。



ラグーンと言えば、もう一つ!


毎週金曜日の花火ですね。


花火は下の写真のようにラグーンと海の間のビーチの砂浜から打ち上げられます。

ですので、金曜日の夕方は準備のため、このあたりのビーチには入れません。

よく、それを知らずに海に入って笛を吹かれて注意されている人がいます。

我が家は、昔はメインフロントのあたりから見ていましたが、最近はラグーンタワーとレインボータワーの間の芝生から見ています。


こんな感じで見ることができます。




例えば、ラウンド・テーブル・ピザのピザを用意して、ABCストアのゴザやヒルトンのタオルを敷いて家族で食べる、

あるいは、ブルーウォーターシュリンプ&シーフード マーケットでガーリックシュリンプを用意するなど、芝生でのんびりというのがおススメです。

(ヒルトン内のブルーウォーターシュリンプは正直高いですが・・・)



ヒルトン内の話題の最後に・・・

タイムシェアで最も新しいグランド・アイランダー(Grand Islander)について、ご紹介しておきましょう。

実は、こちらのタワー、海から遠いなあ~というイメージがあると思うのですが、歩くとすぐにビーチですし、なにより新しい建物は良いですねーーー!

部屋を見たら超感動です。


こんな眺めですよ。




目が覚めたらダイヤモンドヘッド!

シャワーを浴びたらダイヤモンドヘッド!

食事を食べたらダイヤモンドヘッド!


【最新】ワイキキビーチで最も美しい景色を紹介します。



よく見ると分かるのですが、ダイヤモンドヘッドの左にマウナルア湾が見えています。


素晴らしい設備と景色でした!


↓ネタとして・・・ペントハウスの上の青く光るところ(笑)




それでは、ここで・・・


ヒルトン・ハワイアンビレッジ内の我が家の鉄板グルメを3つだけご紹介します。



一つ目は、3時のおやつにギリガンズ・ビーチ・シャック(Gilligans Beach Shack)

写真の左上のようにラグーンの先の駐車場にある黄色いバンです。

お店は、11時から19時まで営業しています。

おススメは、ガーリックシュリンプです!($11.95と安いです)

内容は写真右下の通り、フレンチフライの上にシュリンプがごそっとのっていて、脇にキャベツが添えられているというシンプルなものです。

通常のガーリックシュリンプのプレートのようにライスではなくフレンチフライというところがポイントです。

家族みんなで一つ買っても皆で摘めますし、おやつとしてちょうど良いのです。

ラグーン脇に木陰がありますので、そこに座って食べましょう!


【最新】ヒルトン・ハワイアンビレッジで最も人気のガーリックシュリンプを紹介。




二つ目は、気軽にディナー!トロピックス・バー&グリル(Tropics Bar & Grill)

オーソドックスなお店なのですが、何が良いって・・・


日中遊びつかれていてもビレッジ内で行きやすい

どんな格好でも気軽に入れる

生演奏があって雰囲気が良い

夕日が綺麗


ようするに気軽に食事できるお店ということですね。

夕暮れ前からのんびりと少しずつ食事を頼みながらお酒を飲む、、、

ビーチサイドなので本当に気分が良いですよ。


【最新】ヒルトン・ハワイアンビレッジで最も人気のレストランを紹介。




三つ目は、イエ~い!ラッパーズ・ハワイ(Lappert’s Hawaii)

こちらもド定番!

写真左下のようにイエ~イってなります!

超濃厚なアイスクリームを貪った後の写真右下のただのお水が美味いこと(笑)

子供達のヒルトン一番人気はラッパーズでした(笑)

ちなみに、お水を入れる紙コップがかわいいです。


【最新】ヒルトン・ハワイアンビレッジで最も人気のアイスクリームを紹介。




それでは、ヒルトンの敷地を離れて、ワイキキ方面へ参りましょう!


DFSあたりまでは徒歩でも行けますが、おススメはイリカイホテル前からピンクラインデューク・カハナモク像前まで行って徒歩で戻るという方法です!


JCBカードさえ持っていれば乗り放題ですし、便利ですよね!


有名なスポットを回りながら戻ってくるという感じです。

例えば、王道ですとインターナショナル・マーケットプレイスが最初の散策になりますね。

王道を経由することは子供達のトイレ休憩としても重要です(笑)

今年は、クラブツリー&イヴリン(Crabtree and Evelyn)で子供達がバラマキ用お土産を揃えていました。

安くて数を揃えられるグッズは貴重ですよね。

その後は、ワイキキ・ショッピングプラザロイヤル・ハワイアン・センターを散策します。




写真右下はもう少しヒルトン側に帰った場所ですが、リリー&エマ(Lilly&Emma)ですね。

ネタとして。


【最新】子供連れのハワイ旅行!ワイキキで必ず行っておきたいスポットを紹介!



そして、DFS周辺では・・・

ちょっとクヒオ通りに行けば、

おしゃれなスターバックス(STARBUCKS)がありますし・・・




ノードストローム・ラック(NORDSTROM rack)もあります。


【最新】クヒオ通りのノードストローム・ラックでお得に買い物をする方法。



ちょっと余談ですが・・・

ロイヤル・ハワイアン・センター内のマリエカイ・チョコレート(Malie Kai)のポーチ(新色)を入手しました!


さらに余談ですが・・・

ロイヤル・ハワイアン・センター内のフードコートなのですが、、、

チャンピオンズ・ステーキ&シーフード(Champion's Steak & Seafood)は、散策に疲れてお腹すいた、、、という時にさくっと食べられて美味しいです。(そして、安い)




余談の勢いで・・・

ビーチウォークを過ぎてビーチ沿いまで行けばステーキ・シャック(Steak Shack)がありますが、我が家は最近、チャンピオンズ・ステーキ&シーフード(Champion's Steak & Seafood)の方が好みのようです。

写真左下は、子供達のおススメで、残ったライスにステーキソース添え・・・(笑)

美味いそうです。

右下は、ヒルトン内のDFSでチケットをもらうとワイキキのDFSで無料食べられるパイナップルシャーベットです(知ってました?)


【最新】ワイキキでおすすめの格安で美味しいステーキプレートをご紹介!



あと、ひとネタ!

こちらも定番のTシャツ

88ティーズ(88 tees)が30周年なんですね!

お店には、30周年限定Tシャツが並んでいまたよ!(限定に弱い・・・)





最後に・・・我が家の鉄板グルメをご紹介しますね。


色々なお店に行ったことがあるのですが、結局家族のみんな、、、

王道?鉄板?グルメに戻るんですね。面白いもので・・・



一つ目は、チーズケーキファクトリー(The Cheesecake Factory)

ド定番ながら、やはり安心の美味しさです。

子供達がおススメするのは、食前に運ばれてくるパンです(それ?)

それから、写真右下のパスタです。

このクリーミーで濃厚な味が定番にしている一番の理由だそうです。

毎年、このパンとパスタだけの為にこちらでディナーをしているようなものです。

あと、左下のチキンマデイラも美味しいですよ!


ちなみに、いつもディナーで行くのでチーズケーキは食べません(笑)


【最新】チーズケーキファクトリーのおすすめメニューをご紹介!




二つ目は、ヤード・ハウス(Yard House)

こちらも毎年行きますね。(私が行きたい!)

ビールのお店という印象が強いかも知れませんが、ステーキもチキンも美味しいです。

特に、ステーキは、子供達は一番美味いと言います。

(お金を出せば、ウルフギャングとかありますが・・・我が家は基本的にB級グルメですから)

こちらで、お腹がタプタプになるまでビールをいただきます(笑)





三つ目は、アウトバック・ステーキハウス(Outback Steakhouse)

なぜ?ハワイまで行ってアウトバックなのか?

ワイキキで散策が終わって疲れ果てた場合

ビーチで泳ぎまくって疲れ果てた場合

アラモアナでショッピングして疲れ果てた場合

ワイキキアンから最も気軽に行けるステーキハウス(&安くて気楽)なのです(笑)

海外旅行に行って、このような安定の店って重要ですよね?

我が家にとっては、家から最も近い馴染みの店という位置付けなのです。

実は子供が小さかったころ「塩・コショウ抜き」など親切な対応をしてもらったことがきっかけで家族全員の定番になっています!


ポーターハウスとバドライト!これで良いのです。


美味しく食べられるということも重要なポイントです。




さて、ヒルトンからワイキキ方面のレポートのはずが、少しアラモアナ方面(アウトバック)の話題になってしまったところで、今回の記事を終えたいと思います。


次回は、アラモアナ方面のお話をしたいと思います。

と、言っても徒歩圏内?で映画館の先、ワードアベニューまでのお話です。

(結構、歩いていませんか?笑)


それでは、お楽しみに!


ヒルトン・ハワイアンビレッジ周辺からアラモアナ方面の情報まとめ!Vol.4




ANAマイルを貯めて特典航空券でハワイ旅行をしたい方はこちらからどうぞ!




★ご参考になりましたら、ポチッとして頂けましたら嬉しいです!