2021年最新版!「ANAマイル倍増の極意」

応用編!ANAマイルを爆発的に貯める方法!

最新版!ANAマイルを簡単に大量に貯めるための裏技多数紹介中!



【2021年 最新版】


ANAマイルを爆発的に貯める方法の応用編として
「ANAマイル倍増の極意」をシンプルに分かりやすく解説しています!


マイルの基本知識、マイルが貯まる仕組み、マイルを簡単に貯める方法、マイルを大量に貯める準備、最後にマイルに交換する方法までシンプルに分かりやすく解説してます。

ANAマイルに最も高い換算率で交換する方法は、毎年のように変化していますが、ここでは最新の交換方法を分かりやすく具体的にご紹介したいと思います。全体を一度読んでいただければ、ANAマイルの仕組みから貯め方まで簡単にご理解いただけると思います。



ここからは、以下の5つのステップでANAマイルのすべてをマスターしていただきます!


1.ANA特典航空券の交換に必要なマイル数とは?

2.一般的なマイルの貯め方でANA特典航空券は手に入るのか?

3.ずばり!最も簡単にANAマイルを貯める方法とは?

4.ANAマイルを貯めるために必要な準備をしよう!

5.分かりやすい!ポイントをANAマイルに交換する方法!



最新版!ANAマイルを貯めて無料で海外旅行する方法を紹介!

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ(アメリカ・ハワイ州・カポレイ)


1.ANA特典航空券の交換に必要なマイル数とは?(マイルの価値)



ANAマイルを貯めて特典航空券を手に入れて飛行機の旅を楽しみたい!

実際に、どれくらいのマイルを貯めることで特典航空券による旅が実現するのでしょうか?



まずは、具体的な旅行先をイメージしながら、特典航空券の交換に必要なマイル数を見ていきましょう。

こちらは、参考までに最新の「羽田ー那覇」の特典航空券に必要なマイル数をローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンに分けて提示しました。



ご覧のように、ローシーズンであれば、14,000マイルで沖縄往復が可能ということがわかります。


ここでイメージしていただきたいのは、実際に現金で航空券を購入する際の往復にかかる金額はいくらか?ということです。

例えば、2021年4月28日~2021年5月5日搭乗分の「羽田ー那覇」片道のANA VALUE 1料金は39,400 ~ 49,300円です。

もっと安い価格を探して航空券を入手されると思いますし、シーズンによっても価格は大きく変動しますので一概には言えませんが、ざっと往復5~10万円くらいかかるというイメージを頭に入れておいてください。




次に、「東京ーホノルル」エコノミークラスの特典航空券に必要なマイル数をローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンに分けて提示しました。

最新版!ANAマイルを貯めて無料でハワイ旅行をする方法!



ご覧のように、ローシーズンであれば、35,000マイルでハワイ往復が可能ということがわかります。




さらに、「東京ーホノルル」ビジネスクラスの特典航空券に必要なマイル数をローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンに分けて提示しました。

最新版!ANAマイルを貯めて無料でハワイ旅行(ビジネスクラス)をする方法!



ご覧のように、ローシーズンであれば、60,000マイルでハワイ往復が可能ということがわかります。


参考までに、ANAの2021年4月の「東京ーホノルル」片道ビジネスクラスのFull Flex Plus料金は403,090円(往復806,180円)ですから、距離が長くなり座席クラスが高いほど、マイルの価値が高くなることがお分かりいただけると思います。

まずは、実際に現金で航空券を購入する際の費用とマイルを利用した特典航空券の比較をしました。



ここまでをまとめますと、特典航空券を利用して旅行するということにおいては、距離が長くなるほど、座席クラスが高いほど1マイルあたりの価値が高くなりお得になるということがわかりました。

まずは、1マイルの価値という考え方を理解することが重要です。



次のセッションでは、1マイルを稼ぐためのイメージをご紹介していきます!

ワイキキビーチ(アメリカ・ハワイ州・ワイキキ)


2.一般的なマイルの貯め方でANA特典航空券は手に入るのか?



ANAマイルを貯めて特典航空券に交換して旅行している人たちは、海外出張などが非常に多くフライトマイルがどんどんたまる一部の富裕層だけの特権なのでしょうか?

中には、そのような国際的ビジネスマンも一部いるでしょう。

しかし、年何十回の国内出張、年1,2回の海外出張をされている方ならイメージがわくと思いますが、年間に何万マイル貯まるでしょうか?

最近では、企業の出張でも正規料金で購入することは少なくなってきました。

実際に、私も飛行機に乗る回数は少なくないのですが、フライトマイルだけでマイルが大量に貯まるとは全く考えていません


例えば、ANAカード一般会員でステイタス無しの方が国内線往復をした場合を考えます。


下記は羽田からある都市への片道で「運賃7」で搭乗した場合の獲得マイル数です。




これは、「羽田ー千歳」の片道の獲得マイル数です。

けっこう遠出した感じがしますが、往復でもわずか820マイルです。

仮にゴールドカードだったとしてもステイタス無しの一般会員であれば、往復954マイルです。

ちなみに、スーパーフライヤーズカード(SFC)ステイタス獲得の翌年(プラチナサービス1年目)の場合は往復1,490マイルとなります。


確かに、出張機会が多くステイタスも持っている人であれば、一般会員の人と比べて獲得マイル数は変わりますが、それにしてもこの程度です。

ご安心ください。

マイルを貯めるのに飛行機に沢山乗らなければいけないという認識はまずは捨ていただいて結構です!



次によく聞くのが「僕はね!全てANAカード決済にしているんだよ!」という、なんだかすごそうな会話です。

こちらも、確かに無駄をなくすという意味ではやるべきと思います。実際に、私も公共料金から日常の全ての決済をANAカードで行っています。

現金や振り込みは一番損しています。

どうせ使うお金ならマイルにした方がお得ですから!



ANAカードを利用することでどれくらいマイルが貯まるのでしょうか?

参考までに、ANA公式ホームページの解説を見てみましょう。



ざっくり言うと、100円で1マイル貯まります。

そしてANAカードマイルプラス加盟店で利用するとさらに倍になります。

例えば、ENEOSでガソリンを給油するという感じですね。

細かなことを少し付け加えると、カード利用によるポイントをANAマイルに交換するのに、一般カードですと手数料が発生しますが、ゴールドカードでは無料といったことがあります。




ANA一般カードとゴールドカードの比較は下記コンテンツに詳しく解説していますのでご参考にしてください!

<参考> スーパーフライヤーズカード(通称:SFC)ゴールドカードは得なのか?損なのか?




皆さんは年間どれくらいのお金を使っていますでしょうか?

そして、そのうちどれくらいを現金で使っていますでしょうか?

それによって、年間どれくらいのマイルを捨てていたかわかってしまうと思います(涙)

ただ、ご安心ください。

全てANAカード決済といっても一般的なサラリーマン家庭でしたら、多くても年間でも数万マイルという感じと思います。(やった方が得なのは間違いないですからね!)



次のセッションでは、ずばり!「最も簡単にANAマイルを貯める方法」をご紹介します!

タイムズスクエア(アメリカ・ニューヨーク州・マンハッタン)


3.ずばり!最も簡単にANAマイルを貯める方法とは?



すばり!直球で・・・最も簡単にANAマイルが貯まる方法は、こちらです!


一言でいうと、ポイントサイトを上手に利用するということです。


ポイントサイトの使い方は後に回すとして、まずはANAマイルが貯まりやすい仕組みの全体像を説明します。



下のように、ポイントサイトのポイントを“ある順番”で交換してくことで最終的にANAマイルに高い交換率で交換できるという流れを表しています。



まずは、このポイント交換の一連の流れをマスターしていただきます。


全体的なイメージをとらえていただくために、ポイントサイトの中からポイントタウンを例にして解説をしていきます。


ちなみに、ポイントタウンは当サイトで最も人気があるポイントサイトです。

私も長年愛用していますが、間違いなく最も使いやすく安心して利用できるポイントサイトです。



ポイントタウンのポイント70,000ポイントがどのように交換されるのか解説します。


ちなみに、ポイントタウンのポイントは20で割った数が実際の価値になりますので、単純に現金化すると3,500円になります。

また、ポイントタウンから直接ANAマイルに交換することもできますが、直接交換ですとANAマイルは1,000マイルとなります。



それでは、ANAマイルに高い交換率で交換する方法をご紹介します!

ポイントタウンで貯めた70,000ポイントを、まずドットマネーというポイント交換サイトでドットマネーに交換します。

その際に、ポイントタウンのポイント÷20で3,500ポイントのドットマネーに交換されます。

先ほど現金化でご説明した通り、1/20なので等価交換となります。



次に、ドットマネー3,500マネーを東急ポイント(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード:東急カード)に交換します。

ドットマネーと東急ポイントは等価交換ですので東急ポイント3,500ポイントに交換されます。



最後に、東急ポイント3,500ポイントをANAマイルに交換します。

ここがポイントとなりますが、東急ポイント×0.75で、2,625マイルのANAマイルに交換できます。



世の中には、ANAマイルに交換できるポイントは多数存在しますが、「×0.75」という非常に高い交換率で交換できるポイントは東急ポイント以外には存在しません。



参考までに、みなさんがよくご存知のポイントとしては、有名なものでは下記のものがあります。

これらは「×0.5」でANAマイルに交換できます。



Tポイント

nanacoポイント

楽天スーパーポイント



ここまでをまとめて簡単に表すと、こうなります!

最新版!ANAマイルを貯めるためのポイントサイトの使い方!



ポイントタウンの2,000ポイント(=100円相当)はANAマイル75マイルの価値がある!ということです。


楽天などでポイントを集めていらっしゃる方ならポイントのイメージがわきやすいと思いますが、先ほどのように「東急ポイントを経由する!」ということが重要なのです。



ここで、ポイントサイトのポイントの価値についてよくある事実をご紹介します。

ポイントタウンのポイントの価値を考える必要があります。

楽天ポイントは、1ポイント1円の価値があります。ここで、考えていただきたのは、東急ポイント経由で2,000ポイントを75マイルに変えられるポイントを現金に換えてしまうと、わずか100円になってしまうということです。



最初のセッション「ANA特典航空券の交換に必要なマイル数とは?」を思い出してください。


60,000マイルでビジネスクラスのハワイ往復ができます!とご紹介しました。 仮にポイントタウンだけで、60,000マイル貯めようと思うと、東急ポイント80,000ポイントですから×20して1,600,000ポイント貯めればよいことになりますが、このポイントの現金価値は80,000円です。

先ほど、ハワイ往復ビジネスクラスの正規料金は、いくらと書きましたでしょうか?約800,000円でしたね。


お分かりいただけましたでしょうか?ポイントタウンのポイントは東急ポイント経由でANAマイルに交換してこそ価値が高いということです。



ここで、少しみなさんの日常生活で大変損している現実をお話ししたいと思います。

現実ですので、気を悪くしないでくださいね!

お財布の中に色々な店舗のポイントカードがあふれるほど入っている人、さらに、支払いは基本的に現金で行っている人、本当に残念ですが、、、ご安心ください!



今日から人生が変わります!



おそらくどれほど高還元といっても基本的には現金化と同じ要素でポイントを集められていると思います。

それも各店舗に分散され、かつ先ほどのポイントタウンの現金化と同じことを、さらに非効率に行っていると言わざるをえません。

もし、日常の全ての支出がポイントに集約出来たら!と思われたのではないでしょうか?

その通りです!

それだけで、ポイントタウンのポイントはどんどん貯まります。



例えば、上記のようなアナログな日常生活より一歩進んでいるような方!

基本的にはネットで購入できてしまう時代ですから、ネットをフル活用している人が多いのではないでしょうか?


買い物は、基本的には楽天を利用している!という人は多いと思います。

あるいは、旅行や出張の旅に、じゃらんHotels.comを利用する。

さらには、食材もネット購入しているという人も多いと思います。


そして、これらでそれぞれポイントを大量に貯めて満足している「あなた!」


おしい・・・です。 もう一歩進みましょう!


今まで利用していたネットショッピングなどネット取引をすべてポイントサイト経由にするだけで、今までの例えば楽天ポイントも貯まりながら、ポイントサイトのポイントを二重取りできます。


知らなかった!という人は大変残念な気持ちになってしまったかと思いますが、今日からでも遅くはありませんので、気を落とさないようにしてください。



おそらく、今まで普通に利用していたネット取引のサイトは、ほぼポイントタウン経由で行えると思います。

私は、楽天ショッピングやYahooショッピングはもちろんのこと、国内であればポイントタウン経由でじゃらんを利用、海外旅行であればポイントタウン経由でHotels.comを使いますが、かなりのポイントが返ってきます。


特典航空券で旅行するようになってからというもの、現地のホテルだけ用意すればよいので、「宿泊→ポイント還元→ANAマイル」となります。



ポイントサイトはたくさんありますが、最もポイントを貯めやすいのはポイントタウンです。

楽天をはじめネットショッピングをされる方は、必ず登録しておきましょう!



<必須>人気No,1ポイントサイト!ポイントタウンの公式ホームページはこちらから!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン




ポイントサイトを活用するとお得と感じることは多々あります。

例えば、実質100%ポイント還元のお試し商品としたら、これは考え方によっては、マイルを買うという発想になります。

3,000円でポイントタウンのポイント60,000ポイント還元(3,000円分)であれば、普通の方は3,000円買って3,000円分還元されるお試し商品と解釈される思いますが、私は違います。


3,000円で2,250マイル買う!と考えます!


ポイントサイトを経由してポイントサイトのポイントを貯めるという意味は、ずばり「マイルを買う!」という発想に近いです。

先ほどのマイルの価値を思い出してください。

100円で1マイルとざっくり考えると、2,250マイル純粋に貯めるには、225,000円使う必要があります。

この考え方が、この仕組みのポイントとなるわけです。



最後に一つだけ・・・

例えば、みなさんご存知の無料のクレジットカードですが、ポイントタウンから入手するだけで、ポイントが無料で大量に手に入ります。

もう、ポイントが自然にマイルに見えてきますよね!

ポイントタウンのポイントですとポイントを20で割って×0.75でANAマイルになります!

是非、サイト内を見て回ってみてください!

今までの日常生活を見直すだけで、プラスアルファのポイントが簡単に手に入ることがイメージできると思います!



次のセッションでは、この仕組みを使うための準備をご紹介します!

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(アメリカ・フロリダ州・オーランド)


4.ANAマイルを貯めるために必要な準備をしよう!



ANAマイルの基本として1マイルの価値をご理解いただき、ポイントサイトのポイントを東急ポイント経由で交換することで圧倒的な高い交換率でANAマイルに交換できることを解説してきました。

そして、そのポイントサイトは日常生活の中でプラスアルファの考え方で簡単に実践できることを、ご理解いただけたかと思います。



ここでは、ポイント交換をしていくうえで欠かせない必須の準備事項を順にご用意いただきます。

この流れを実践するための必須の準備がこちらです!



上の表に沿って準備をしていきます!


STEP 1 ポイントタウンに登録します。

こちらのバナー(公式ホームページ)から簡単に登録できますのでご準備ください!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン



STEP 2 ドットマネー(公式ホームページ)に登録します。

こちらのバナーから簡単に登録できますのでご準備ください!



STEP 3 東急カード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)を入手します。

東急カードは公式ホームページから契約できますが、時々ポイントサイトでキャンペーンがありますので、キャンペーンを見つけて登録されるとさらにお得です!


当サイトでは、ポイントタウンハピタス人気No,1No,2ですので、どちらも登録しておくことをおすすめします!



お疲れさまでした!



これで準備が整いました。

ポイントタウンとドットマネーは上記のバナーからすぐに登録できますが、東急カードはクレジットカードですので、手元に届くまでしばらくお待ちください!



次のセッションでは、実際にポイントを交換してく流れをご紹介します!

最新版!東急カード、TUKYUカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを最もお得に手に入れる方法

マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ(アメリカ・ハワイ州・カポレイ)


5.ポイントをANAマイルに交換する方法!



3つの重要な準備が整ったところで、実際にポイントタウンのポイントを交換していく方法をご紹介します。


ポイント交換は簡単です。


私の場合は、ポイントタウンとドットマネーはiPhoneで、東急ポイントからANAマイルの申請だけPCで行っています。

最新版!ANAマイルが最も貯まるポイントの交換方法をご紹介!



上の図のような流れで交換を進めていきます。




●ポイントタウンからドットマネーに交換

ポイントタウンからドットマネーへ交換申請をすると「リアルタイム」で交換ができます。ポイントタウンで交換申請した直後にドットマネーのサイトを立ち上げるとあっという間にポイントが交換されて振り込まれています。


【ポイント交換ルール】
最低交換pt=10,000pt
月間交換上限額=なし
交換手数料=無料
交換完了日=リアルタイム


【ポイントタウンからドットマネーへの交換手順①】

ポイントタウンからドットマネーにポイント交換する手順(交換方法マニュアル)



ポイントタウンのサイトから「ポイント交換」を選択し、上記の通り「ドットマネー」を選択します。

次に、「リアルタイム交換をする」をタップします。


【ポイントタウンからドットマネーへの交換手順②】

ポイントタウンからドットマネーにポイント交換する手順(交換方法マニュアル)注意事項



ポイントタウンで設定している「秘密の質問」を入力します。

そして最後にポイントタウンの「パスワード」「交換ポイント数」を入力して「交換申請をする」をタップすれば交換申請完了です!




●ドットマネーから東急ポイントに交換

ドットマネーから東急ポイントへ交換申請すると「1~15日申請分は申請月の下旬頃、16日~末日申請分は翌月の中旬頃」に交換完了となります。


【ポイント交換ルール】
最低交換pt=300マネーから
月間交換上限額=100,000マネー
交換手数料=無料
交換完了日=1~15日申請分は申請月の下旬頃、16日~末日申請分は翌月の中旬頃


【ドットマネーから東急ポイント(TOKYUポイント)への交換手順①】

ドットマネーから東急ポイント(TOKYUポイント)にポイント交換する手順(交換方法マニュアル)



ドトマネーのサイトからポイントを「つかう」をタップし、上記の通り「東急ポイント(TOKYUポイント)」を選択します。

次に、「交換申請へ」をタップします。


【ドットマネーから東急ポイント(TOKYUポイント)への交換手順②】

ドットマネーから東急ポイント(TOKYUポイント)にポイント交換する手順(交換方法マニュアル)注意事項



上記の通り、赤枠の必須項目(「メールアドレス」、「生年月日」、「名前」、「カード番号上6桁」、「交換マネー数」)を入力して「確認する」をタップします。(次回以降はすでに入力された状態になります)

その後、「申請する」をタップすれば交換申請完了です!




●東急ポイントからANAマイル

東急ポイントからANAマイルへ交換申請すると「約1週間」で交換完了となります。


【ポイント交換ルール】
最低交換pt=1,000ptから
月間交換上限額=なし
交換手数料=無料
交換完了日=申請から約1週間


【東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルへの交換手順①】

東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルにポイント交換する手順(交換方法マニュアル)



「東急ベルID」のサイトから上記の「TOKYU POINT/TOKYU CARD」のページに入ります。

「ポイントサービス」をクリックして、「ポイント交換」をクリックします。

そして交換先一覧の中から上記の「ANAマイレージクラブ(AMC)750マイル移行」をクリックします。


【東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルへの交換手順②】

東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルにポイント交換する手順(交換方法マニュアル)注意事項



上記の通り、お使いのメインのANAカードに記載してある「お客様番号(AMC番号)」「交換口数」を入力して「申し込み手続きへ進む」をクリックします。


【東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルへの交換手順③】

東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルにポイント交換する手順(交換方法マニュアル)確認方法



最後に「申込む」をクリックして交換申請完了です!


東急ポイント(TOKYUポイント)からANAマイルにポイント交換する手順(交換方法マニュアル)まとめ



約1週間後にANAホームページにて交換されたことを確認します!

それぞれの交換方法は大変分かりやすく迷うことはないと思います。



最後に、ポイント交換の工夫を少しご紹介させていただこうと思います。

みなさんご存知の通りANAマイルには有効期限があります。

私の場合ですと毎年、家族4名で海外旅行に行きますので、毎年使い切る程度のマイル分だけANAマイルに交換しています。

その他のポイントは、ANAマイルの前段階である東急ポイントや、さらに前段階のドットマネーに貯蓄しておきます。

よくANAマイルが貯めても使えるほど貯まる前に期限が来てしまって、結局何か物に変えちゃうんだよね~ということを防ぐことができます。

それぞれのポイントサイトでポイント期限がありますので、それぞれで期限いっぱいに蓄えてANAマイルを使う時が来た時に一斉に交換してマイルにするという作戦です。

ですので、ANAマイルの期限で苦労した経験は一度もありません。


これは、ANAカードのVpassのポイントも同様です。

常に期限切れのちょっと前にANAマイルに交換しています。ですので、常に5年先のマイルまで計算して蓄えています。

結果的に、ANAホームページ上では常に50万マイル程度あるようにしておき、それ以外は他の複数サイト上で貯蓄しているという感じです。


ポイント交換という行為は、ANAマイルへ高還元率で交換するというメリットだけではなく、ポイントを貯蓄しておくという面でも大変メリットがあるということです。

オーランド(アメリカ・フロリダ州・オーランド)


ANAマイルを貯めるメリット!まとめ




<必読> 基本編!ANAマイルを簡単に貯める方法!「マイルが貯まる仕組み」




<必読> 応用編!ANAマイルを爆発的に貯める方法!「マイル倍増の極意」




<必読> 最新版!最も効率よくSFC修行をする方法!「SFC修行の極意」




<必読> 最新版!本当に稼げる「ポイントサイトの攻略方法」